ATとMTの違いとは

車には、大きく分けてオートマチック車であるATと、マニュアル車のMTが存在します。 名前は聞いたことがあるが、運転をしたことがないという方は、一体このふたつのどこに違いがあるのか分からない、という人も少なくありません。
【 AT車とは 】
オートマチック、つまりギアの切り替えをする必要がない、ということです。 ペダル操作によってギアチェンジをする必要がないので、比較的に簡単に免許の取得をする事ができます。

そのため、運転の苦手な人や、早く運転免許が欲しい人などは、AT限定の免許を取得する事が多いです。 現在ではAT車の車もたくさん販売されているので、AT限定の運転免許でも困った事態に陥るということはありません。

【 MT車とは 】
一方のMT車は、自分でギアチェンジを行わなければなりません。 ギアチェンジは、車の加速の際に最適なギアを使う為にあります。クラッチ操作は感覚で行われるので、 教習所できちんと車の構造やギアチェンジのライミングを理解して置く必要があります。

両足を使って車を運転するので、面倒ではありますがその分車を運転することの意味を味わう事が出来ます。 MT車で免許を取得できれば、AT車も運転することが出来ます。

MT車は、AT車と違って難易度があがり、講習時間をオーバーすることも少なくありません。 ミスをする確立も高くなります。例えば、発信の際にクラッチがスムーズに操作出来ないと急発進になったり、前後にギクシャクしたりすることもあります。

また、ギアを間違えるとエンストすることもあります。 そのため、短期間で集中して運転免許を取得する合宿教習所などの場合はAT限定車が多いようです。

無駄に手間のかかるMT車がいまだに人気が高いのは、やはりこの無駄なことに愛着を感じるからではないでしょうか。 両手両足を使って自分の車を自在に動かす事ができるのは、自分の車を自在に操る事ができるということです。 マシンを動かすことにこだわりを持ち来方は、MT車に挑戦してみてもいいかもしれません。