運転免許証の種類について

運転免許には、3種類の色があります。グリーン・ブルー・ゴールドの3種類です。
この3種類の色の意味を簡単に解説致します。
【 グリーン 】
初めて運転免許を取得し、発行されるのがグリーン免許です。グリーン免許は、免許を取得してから3年間の有効期限です。次回の更新時にはブルーに変わります。 更新期限になるまでに、上位免許を取得した場合には、3年経過していなくともブルー免許になります。

例えば、免許合宿においてAT限定の免許を取得し、次回更新の3年の間にAT限定解除を行うことや、大型車の免許を習得するとブルーの免許証になります。

【 ブルー 】
グリーン免許を更新したら、ブルー免許になります。このブルー免許は更に3種の区分に分けられ、一般運転者・違反運転者・初回更新者に分けられます。この区分によって、運転免許証の有効期間・講習手数料・免許の更新の際に行われる更新手続の講習時間などが変わっていきます。 有効期限は、一般運転者なら5年、違反運転者なら3年、初回更新者なら3年となっています。

【 ゴールド 】
ゴールド免許は、運転免許証の有効期間が満了する日の前5年間、無事故・無違反の優良運転者に交付される運転免許証です。 ゴールド免許になると、更新期間が5年と長くなります。また、免許更新の際の講習時間も、30分ととても短くなります。

ちなみに、一般運転者は1時間、違反運転者・初回更新者は2時間と時間が長くなります。 その他にもの、会社によっては保険料が安くなったり、レンタカーを安く借りられたり、提携している施設で割引がきくなどのサービスを受けられることもあります。

しかし、何色の免許だから運転がうまい、とは限りません。 免許を取得してからずっと運転をしたことがない、というペーパードライバーも数多くいらっしゃいます。 そんな人は、初めて車に乗る人同然の運転技術しか持っていません。 この色は単なる目安であり、必ずしも運転のうまい人ではない事を理解しましょう。