合宿免許のメリットについて

運転免許を取得する為に、教習所に通って免許を取得する方法と、合宿を行って免許を習得する方法の二種類があります。
どちらも教習所で勉強を行う、と言った点では一緒ですが、お互いにどのようなメリットが存在するのでしょうか。
【 通い免許のメリット 】
近くにある教習に通い、免許を取得するパターンが多いです。 学生や社会人の方が学校や仕事帰りに通う事ができ、まとまった時間が取れない、という方にメリットが有ります。

毎日1時間でもコツコツと教習をこなす事ができれば、忙しくとも免許を取得することが可能です。 毎日の生活が忙しい方、じっくりと運転の勉強がしたい方などにおすすめです。

【 合宿免許のメリット 】
一方、合宿免許を利用する一番のメリットは、早く免許を取得できる、ということにあります。 合宿免許はその名の通り、泊まりこみで免許の取得を目指します。 2、3週間集中して講義や教習を受ける事で、免許を取得する事ができます。

合宿免許では、入校から卒業日までのスケジュールが組まれているので、自分で予約を入れる面倒も省かれます。 また、予約がいっぱいで自分の希望の時間に教習が受けられなかった…、などの心配もありません。 また運転は感覚が問われるもので、それは経験を積み重ねなければいけません。

車の運転練習期間が長く開いていると、運転の感覚は鈍ってしまいます。 また、頭では理解していても、身体が思っている通りに動かない場合もあります。このような運転感覚は人によって大きく異なります。 感覚というものは、何度も何度も繰り返して身体に染み付かせるものですので、空間認識が苦手な方は、集中的に運転の練習ができるのでおすすめです。 さらに、費用が安くなるというメリットも有ります。

宿泊費・食事・講習料・交通費などがすべてパック料金で設定されており、教習所卒業まで補修や再試験などの追加料金も発生しない場合があります。 短期間で安く、運転免許を取得できるのが合宿免許のメリットなのです。