公認校と非公認校の違いについて

自動車免許を取得することのできる自動車学校には、公認校と非公認校の2種類があることをご存知ですか?
公認校と非公認校にはそれぞれ違いがあるので、免許を取得するならどちらがいいか見極めることが必要です。 このページでは、公認校と非公認校の違いについて説明いたします。
【 公認教習所(指定自動車教習所)】
終了検定と卒業検定を教習所内で受けることができます。 全国の公認校では同じカリキュラムを組んでいるため、やむを得ない事情での転校などにも対応することができます。

公認校となる際に、公安委員会から厳しい条件をクリアしているため指導力の水準が保障されていると言えます。

【 非公認教習所(届出自動車教習所)】
終了検定と卒業検定を運転免許試験場に行って受験する必要があります。 必ずしも公安委員会のカリキュラムに沿う必要がないため、個人個人の苦手な項目だけを指導するなど教習に柔軟性があります。

教習時間を自由に設定することができるため、安い料金設定を設けることが可能です。 指導力に関しては、水準に規定がないためバラつきがあります。

つまり、公認校であれば入校してから卒業まで全てを自動車学校で終わらせることができます。 教習所を卒業したあとは管轄の運転免許試験場で学科試験を受けて合格すれば免許証を手にすることができます。試験場での技能試験は免除になります。

非公認校の場合は、入校した後に授業を受けて、仮免許をもらうために一度試験場で受験をしなければなりません。 仮免許取得後は自動車学校で講習を受けて、卒業したら試験場で技能試験と学科試験を受験します。 技能試験と学科試験の両方を合格して、免許証を手にすることができます。また、基本的に自動車学校では学科の勉強は行わないため、学科テストは自分でやる必要があります。

一般的に試験場での技能試験は難しいと言われています。 非公認の場合は、始めて走行する試験を受けるので、一回で合格するのは難しいです。 公認教習所であれば、仮免取得後の路面教習で何度も走った道で卒業検定を受けることが出来るため、非公認と比べると一回で合格する方も大勢いらっしゃいます。

以上が、公認校と非公認校の違いになります。 当サイトでは、公認校による免許合宿を多数ご用意しております。公認校で免許合宿を検討されている方は是非、免許合宿で免許を取得してみてはいかがでしょうか。