免許を取るメリットについて

都心などは電車の便が良いため、運転免許証を取らなくても生活をするのには困りません。
しかし、車は所持していないけど合宿免許や教習所に通って免許を取得している人も大勢いらっしゃいます。 それが何故かというと、免許を取るのにはいくつか大きなメリットがあるからです。
【 社会的な証明 】
まず一番大きなのが、社会的な証明になるという点です。 住基カードでも免許証の代わりになると言われていますが、免許証と比べるとまだ認知度と普及度が低いため、証明として認められないこともあります。 ですが、運転免許証一枚あれば、どのような場面であっても身分証として認められます。

【 日本以外で運転することも 】
次に、日本で免許を取得するとジュネーブ条約締結国であれば日本以外で運転することができます。 ジュネーブ条約締結国は沢山ありますが、日本にもお馴染みの国で言うとアメリカ・カナダ・ニュージーランド・イギリス・フランス・ロシア・スペイン・タイ・フィリピン・韓国・シンガポールなどでも運転する事が可能です。

そのため、万が一海外で生活することになった場合も、ジュネーブ条約締結国であれば日本の免許証で運転することができます。

【 運転免許は国家資格 】
そして、運転免許は国家資格です。 免許を取った人を日本が認めていることになりますので、国によって知識や技術が一定水準達していることを認定されていることになります。 これから国家試験を取ろうとお思いの方は第一関門として、何も資格をお持ちではない人は自分に自信をつけるために取得するのも良いのではないでしょうか。

【 就職活動に有利になる場合も 】
最後に、地域にもよりますが運転免許を持っているかどうかで就職活動に大きく影響してくることがあります。 都心では電車で事足りても、地方だと採用条件に要運転免許と書いていなくても持っていて当たり前という会社もありますので、就職活動の幅を広げるために持っていて損はありません。

免許を取るというのは、上記のようなメリットがあります。 社会的な証明というのはもちろんですが、一番身近な国家資格であるからこそ自分に自信をつけてひと回り成長させるためにも、運転免許取得は有効な手段ではないでしょうか。