免許について: 2008年5月アーカイブ

合宿免許で運転免許を取得した後は、当然 自動車(車)やバイクに乗られることと思います。

そこで、自動車の保険のことを紹介いたします。

自動車やバイクには、基本的に保険に入らないといけません。
ひとつは、自賠責といわれる「自動車損害賠償責任保険」です。

【詳細】
自動車損害賠償責任保険(じどうしゃそんがいばいしょうせきにんほけん)、略称自賠責保険(じばいせきほけん)とは、自動車損害賠償保障法によって、自動車および原動機付自転車を使用する際に加入が義務づけられている損害保険。強制的な加入が義務付けられていることから、俗に強制保険とも呼ばれる。車の車検を受けるためには、その車検期間に有効な自賠責保険に加入していなければならない。なお、自衛隊、国連軍、在日米軍、農耕作業の用に供することを目的として製作した小型特殊自動車の車両は自賠責保険の付保は要しないとされている。 

自賠責保険の目的は交通事故が発生した場合の被害者の補償である。あらかじめ自賠責保険に加入させることで被害者は損害賠償金を受け取ることができる状態になる。被害者への最低限の補償の確保を目的としているので、

被害者に過失がある場合でも過失相殺による減額が緩やかになっている(重過失減額)
加害者の家族が被害を受けた場合でも保険金が支払われる
など被害者に有利な点もあるが、
・交通事故が発生した場合の保険金の上限が被害者1人につき死亡3000万円
・後遺障害4000万円までと低い
・人身事故にしか対応できない
・加害車両の運転者・保有者の怪我には保険金が下りない
など通常は、自動車保険と2つ加入することになります。 wikipediaより


もうひとつは、任意保険といわれる「各個人が賠償額に応じた様々な自動車保険を自主的に加入するものです。

運転免許を取得し自動車を運転するわけですが、どんなことが起こるか予測はつきません
自分に限っては・・・なんて気持ちは禁物です。
なにかあってからでは遅い。その為の保険です。

このアーカイブについて

このページには、2008年5月以降に書かれたブログ記事のうち免許についてカテゴリに属しているものが含まれています。

次のアーカイブは免許について: 2008年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2008年7月: 月別アーカイブ

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1