2008年7月アーカイブ

猛暑が続く、夏本番当地では久しぶりに雨が降り ちょつと涼しくなるかなと思ったのですが
雨上がり後は、ものすごい湿気でムシムシです。

今回は、2輪の運転免許の限定解除について

現在、自動2輪の免許は免許区分は
1.原付(〜50cc   年齢16才〜)
2.普通二輪小型限定(〜125cc  年齢16才〜 タンデム走行可・高速不可)
3.普通二輪(〜400cc   年齢16才〜 タンデム走行可・高速可)
4.大型二輪 (排気量制限無 年齢18才〜 タンデム走行可・高速可)
オートマ限定(ほとんどスクーターです)
5.AT小型限定(〜125cc   年齢16才〜 タンデム走行可・高速不可)
6.AT限定普通(〜400cc   年齢16才〜 タンデム走行可・高速可)
7.AT限定大型(〜650cc  年齢18才〜 タンデム走行可・高速可)

以上7つの種類があってそれぞれ運転できるバイクの排気量制限や取得対象年齢等の規制があります。

現在では、自動車学校で教習を受けることができ
卒業検定に合格すれば「卒業証明書」が発行され、免許試験場での技能試験が免除されます。
ここでいいます「限定解除」とは、1975年より運転免許試験場での技能試験または
自動二輪中型限定免許からの限定解除審査(共にいわゆる「一発試験」)の合格者のみに交付されるようになる。
その合格者数は全受験者の一割未満ともいわれる狭き門であったがゆえに、免許そのものが高嶺の花でり
ライダー達の憧れでありました。

しかし、ハーレーダビッドソンや欧州などの海外のメーカーから「輸入バイクが売れないのは、日本の免許制度に原因がある」
と圧力がかかり、1996年から自動車教習所で大型二輪免許の教習が受けられるようになり、卒業すれば
免許が取得できるようになりました。
初めて乗るオートバイが「ハーレー」等の大型バイクなんて方も多い。

私ごとですが もちろん限定解除の時代でありまて、合格するまで9回の試験を要しました。

当サイトでご案内しております 島根県の提携自動車学校様は下記の2校です。

出雲高等自動車学校 
住所:島根県出雲市上塩冶町2486
近代設備の整った教習所

島根自動車学校
住所:島根県松江市西津田5丁目23番23号
県下最大級の教習コースを誇る
松江市の中央部に位置し、JR松江駅まで車で5分と近く、便利な合宿生活を送って頂けます。

島根県は、中国地方の日本海側である山陰地方の西部をなす県。県庁所在地は松江市。隠岐島と現在、領土問題で注目を集めてます竹島も島根県です。
そして世界遺産に登録された石見銀山も島根です


島根に合宿免許ご希望の方に、便利なリンク集を作成しました。

しまね観光ナビ
島根県観光情報オフィシャルサイト

LivedoorBlog島根ポータル
コアな情報が集う

山陰観光【鳥取・島根】
鳥取・島根の旅・レジャーガイド

Yahoo!島根県情報
ヤフー提供の地域情報

松江市の観光
松江市観光文化振興課

出雲観光協会
おみやげやレジャースポットの紹介etc

出雲大社
出雲と言えばココ、縁結びの神様としても有名です。

島根県グルメガイド
GYAO提供のグルメガイド






本格的な、夏に突入!夏と言えば海でしょ!!

皆さん水着持参で合宿免許をどうぞ。

海に近い自動車学校を紹介します。

鳥取県
山陰中央自動車学校    「皆生温泉海水浴場」

鳥取県東部自動車学校   「鳥取砂丘海水浴場」

日本海自動車学校   「白兎海岸」


京都府

岩滝自動車教習所

網野自動車教習所

京都府丹後は海水浴場だらけ!

海水浴場情報はコチラ>>

夏休み期間中の合宿免許は、まだ空きあります。
どうぞよろしくお願いします。

合宿免許のスマイル免許

 

夏休み直前、学生の皆様はもう合宿免許のお申込みはお済ですか?
スマイル免許なら、夏休み中の免許取得まだ間に合います。詳細は>>

 

さてさて、今回も自動車のタイヤのお話を一つ。

お題「タイヤはなぜ黒い」
世間では、あらゆるものがカラフルに様々なバリエーションがあるのに
そういえば なんで、タイヤは黒ばっかなん???思いません?
2輪用では、たまに見かける(写真なんかで)けど実際に走っているのは未だ見たことはありません。
http://www.cycletires.com/gallery.htm

実は、それには訳があります。

タイヤの素材はゴムです。勿論、ゴムを使うというのは路面(道路)との摩擦抵抗を生みやすい(グリップ)の良さのためなのですが、どうしてもゴムだけでは、構造上弱くそして摩擦ですぐにボロボロに
なってしまします。そこでゴムに カーボンを加える事により、ゴムの分子の結合が強まる事を利用しているためです。 ゴムにカーボンを加えることで耐久性は大幅に向上いたしました。カーボンは炭(スス)ですので色は黒です。
現在、カーボン以外の特殊な素材を使ってカラータイヤも発売されてますが、性能・コストの問題で
それを上回るものは無いそうです。

このアーカイブについて

このページには、2008年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年6月です。

次のアーカイブは2010年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1